La vie en rose ・・・ 歌うこと・生きること・楽しむこと


ソプラノ歌手の森朱美。13歳と10歳の2児の母でもあります。人生最後の日に「La vie en rose!」といえるようになれたら・・・と日々奮闘中!
by moriake
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:歌うこと( 43 )

男と女 その3

我が家に突如現れた新顔「8(エイト)様」・・・

も~なにがなんだかわかりません・・・
わたしにはXPで十分です・・・古すぎ?
今度こそは自力で使いこなせるようになるぞ!と決心して
今までのPCのほうに向かうわたし・・・

さて巷では「愛」とか「LOVE」とか流行っておりますが
今回の恵比寿のライヴとはリンクしておりませんので念のため・・・笑。
決して頂いたわけでもありません!わたしが先だもん!(違うか…)
私は英語の「LOVE」には色々なイメージを持っていて混乱することがあります。
昨日の某企画展でも様々なLOVEが表現されていました。
ちょっと子供には・・・という作品もありましたが、また後日じ~っくり見たいものも
たくさんありました。

以前アートカフェライヴ第1弾の時に「愛の歌 Chanson d'amour」
なんて恐れを知らないテーマを掲げましたが、
この時は「初恋」も「人類愛」も「母の愛」もなんでもかんでもごちゃ混ぜでした。
で、わたしはちょっと乱暴ではありますがLOVEを「愛」と「恋」ざっくり分けてみました。

全曲はまだお知らせできないのですが、絶対に歌う予定の曲
プーランク「愛の小径」は「恋」ですか?「愛」ですか?
デュークエリントンの「ソリテュード」は?
モノオペラ「声」のヒロインの女は・・・男を本当に「愛」していたのでしょうか?

今日打ち合わせ中に・・・今回の歌詞を見ながらどれもこれもヘビーな曲ばかっり!
って笑っちゃいました。こんなにどん底に落ちていく詩をよく書けるわよね~~と
少なからず痛い目にあった経験のあるアラフォー子持ち女どもは様々なキーワードを
あるある!ないない!と言いながら盛り上がった。

でも救いのない程の悲しみを音楽が温かい世界へ戻してくれる
そして女(男)は救われるのです・・・

だから悲しい歌を泣きながら歌わない・・・

最後におすすめの1曲
http://youtu.be/jrMp3URM1JI
[PR]
by moriake | 2013-04-27 00:33 | 歌うこと

男と女 その2

環境の変化って凄い・・・
大きなランドセル(最近のはA4対応で昔より大きい!)を担いで初登校した日
興奮のあまりメーター振り切って39度の発熱!
2年間病欠無しの健康児がね…出ばなを挫かれ再スタート!
…で今朝は嬉しさのあまり飛んで行っちゃって通学路で転んで鼻すりむく!
…頑張れ!息子よ!

「声」ってなんだよ。って思った方いらっしゃる?
早速今日のテーマです・・・

「男と女」キャンペーン第2弾としてご笑覧くださいませ。

今回第1部で抜粋版を演じますプーランク作曲のモノオペラ「La voix humaine」には
「人間の声」「人の声」「声」・・・と色々邦題がついています。「女の声」てのもあったなぁ…
最近は「人間の声」という表記が定着してますね。
「humaine」 が人間の、人間からなる、人間的な、人間味ある…なんていう意味なので
その通り!

マービンゲイの「愛の行方」とか「あ~いのコリ~ダ~」とかってどうなのよ!
っていう話?で「今夜はビートイット!」「涙の乗車券」はあり?

もどってこーい!

「人間の…」って頭につくとちょっと立派過ぎるイメージを感じてしまうので
わたしは「声」というほうが好きです。A mon avis…

コクトーがこの戯曲を書いた頃は既に電話機が各家庭に置かれ
そんなに混線もしなくなってきた頃らしいとなにかに書いてあったけれど

いいタイミンクで電話がきれる

女がチクッと責めた途端とか・・・
男が返答につまりそうになった瞬間とか・・・
パッキーンって冷たい空気・・・

ドラマの展開的に非常に効果的!
コクトー最高!

でもそれも昔の話・・・

今は便利な世の中になりました!

と思いきや・・

今でもありませんか?

突然ぷつっ!携帯の電波が・・・!

あのタイミンクもとても絶妙な時ありますよね。(笑)

ほんとかな~?って思ったりして ふふふ・・

さて、「ただのうざい女がいつまでもクダまいてる話・・・」
となって皆さんから反感をかわないように演らないとね

お楽しみに!

なんてったってあのコクトーがワザワザ書いたリアルなドラマですよ
ただの「グダグダ」なわけないでしょうね

わたし個人的には玉三郎さんの演じる「女」が見てみたかった
あとは若いころの三輪さん…若い頃のね!
なぜか女性がイメージできないのです
このあたりがミソ!

ヒロイン「女」の素顔について語りたかったのに
時間切れ・・・
[PR]
by moriake | 2013-04-22 10:36 | 歌うこと

男と女 その1

まだまだ花粉?黄砂?それとも風邪?
何が何だか分からない状態でティッシュの箱を抱える毎日です。
みなさんは新年度順調にスタートされましたか?
息子の入学式で久しぶりに着物を着ましたが
やっぱり気持がいいですね。背筋がシャンとして気合いが入ります。
日本人でよかった!
・・・平安時代に生まれてればアイドルだったのになぁ・・・

さて…やっとブログに写真をアップできるようになりました!
フライヤー載せてみます!
でもどうして成功したか未だに謎・・・

新年度も始まりなにかとお忙しい時期とは存じますが、
日常から暫し離れてリフレッシュのお時間となりましたら幸いでございます。
どうぞお運び下さい!

e0292489_1152397.jpg


クリスマスイヴ以来5カ月ぶりのアートカフェフレンズのライヴ。
こちらでは毎回、目の前にいらっしゃるお客様と楽しくお話をしながら
コンサートホールでは実現できない様々な挑戦的な?!プログラムを展開しております。
ジャンルに拘らず「いい歌はいい!」をモットーにその時に私の心に響く歌を歌いたい!
というわがままは内容にも関わらず、お蔭さまで毎回沢山のお客様にお越しいただき
応援いただいております。
5回目となる今回のテーマは 「Un home et une femme男と女」
あまりに直接的なテーマで日本人の私達には気恥ずかしい気もしますが… 
古今東西、右を見ても左を見ても、いい歌のテーマは「恋愛」です!
ほろ苦く切ないものから、のたうち回るほど苦い結末…
胸がポッと熱くなるような幸せから、劇的に燃え上がる恋… 
詩人、作曲家たちはその様々なできごとから宝石のように輝く作品を生みだしました。
とても1回のコンサートで語り尽くせるテーマではありませんが、
ご一緒にその魅惑の世界を覗いてみませんか? 
春のやさしい風に誘われて、日曜日の午後、恵比寿に是非いらしてください!
恵比寿駅から徒歩2分!いいね!


プログラムのお話は次回!
[PR]
by moriake | 2013-04-11 11:26 | 歌うこと

アートカフェライヴ第5弾速報!

あっという間に桜が満開ですね。
残念ですが…今年は桜の中の入学式は無理そうですね。
卒園式&終業式が終わってほっと気と息。
と思いきや…娘・息子二人分のイヴェントが怒涛のように襲ってきて
毎日西に東に用事をハシゴする毎日です。
でも昨日の有栖川でのお花見は最高でしたよ。

このところ何故か…exciteblogにログインできずしばらく更新できませんでした。
なんでだろう。

遅ればせながら先日FaceBookページにUPした内容をこちらにもUPします。

日曜日の午後に恵比寿でゆっくりと音楽とお茶をお楽しみください。
ランチメニュもありますよ。
コンサートホールでは決して歌えない曲を歌えるのがアートカフェでの楽しみでもあります。
今回はオペラの断片の他にも「えっ!」という曲もご用意してます。
お楽しみに!


森朱美ソプラノライヴvol.5恵比寿アートカフェフレンズ
5月19日日曜日昼の部 1時30分開演

http://www.artcafefriends.jp/index.html

Un homme et Une femme
〜男と女〜

アートカフェフレンズでのライヴ第5弾は久々にソロライヴです!
ピアニストにはフランスのオペラ劇場で音楽コーチとして多くの国の歌手達と仕事をして来たピアニスト江澤隆行さんを迎え、オペラあり歌曲ありシャンソンあり映画音楽ありのユニークなステージをお送りします!

いつの時代も男と女はややこしい!ハッピーエンドから自殺未遂まで…(笑)
様々な人間模様をお見せいたしましょう!
今回に限りアートカフェはR15指定かも…

プログラム仮
★プーランク&コクトー没後50年記念 二人へのオマージュ
コクトー脚本プーランク作曲
モノオペラ(一人芝居)「声」
ハイライト版フランス語上演
日本語字幕付き

ーあらすじー
1900年代初頭のパリ、一昨日恋人に別れを告げられた女が部屋にひとり、死体のようにベッドに横たわっている。傍には電話機とからの薬ビン。別れた男からの電話を待ちわびる女。電話というものが混線する盗聴されるという時代、電話線だけが二人をつなず命綱。…女は強がり嘘をつく。男は気遣い嘘をつく。
女の首に男の声が巻きつく。泣き疲れた先になにが見えたのか…女は生きるのか?それとも…

多彩な才能を持ち時代の寵児であったジャンコクトーの一人芝居をもっともパリジャンらしい作曲家プーランクがモノオペラに仕立てた傑作。パリのアパルトマンの一室の出来事を観客が鍵穴から覗くようなタッチで描いている異色のオペラです。
今回は舞台セットも舞台照明もないアートカフェフレンズの限りられた空間の中でその密室での出来事を再現します。全幕で50分のところギュッとコンパクトに濃縮!美味しいとこどりです。

その他演奏予定曲…
愛の小径
シェルブールの雨傘
ムーランルージュの唄
ソリチュード etc…
お国を問わず愛の歌を一挙にお届け!

一般3500円+1ドリンク代500円
学生(中学生まで)2000円+500円

開演1時半 終演3時
お店Open12時
ランチが食べられます!
[PR]
by moriake | 2013-03-23 13:45 | 歌うこと

夏の横浜&中華街ツアー

雛祭り明けの朝の母の仕事はお雛様を片付けること!

毎年なんとなく惜しくて少し飾ったままにしていましたが
今年は娘が数日前から「ママ!早くしまってね!」とうるさいのです。
小3の女子ともなると色々と心配事が増えるようで・・・
学校でどんな話をしているかわかりませんがともかく早く!ということです。(笑)
息子は幼稚園で自分の顔写真が貼ってある雛人形を作ってきました。
お隣のお雛様は幼稚園のお友達のかわいい写真が!
「あれ~ままじゃないの~~」
と一応お決まりのセリフを言ったら、
「ママごめんね。せんせいがママじゃだめだって・・・」
と真剣に私に詫びていました。…可愛い!

さてさて、少し先ですが公演のご案内!
チケットの発売は4月ですが、詳細を公開しても良い時期となりましたので
いち早くお知らせいたしま~す!

しばらく団体競技(オペラ公演のこと)から離れておりましたが
兼ねてから演じてみたい役に久々に巡りあえまして
諸々の困難を乗り越え(笑)出演する決断をいたしました。
私が大好きな作品という話はまたゆっくりするとして…
日本でも海外でも中々観る事ができないオペラです。
この機会に是非大劇場にて全幕フルでご堪能くださ~い!

夏の終わりの日曜日の午後はオペラ!
涼しくなった夕刻から山下公園あたりを散策!
そして夜は中華街で舌鼓!
中々よろしいコースではないでしょうか?!
他にもお客様のニーズに合わせた様々なプランをご用意しております!
ご相談はお気軽に!  ツアーデスク担当:森

とりあえず・・・スケジュール帳に「9/1横浜」とメモしておきましょう!



9月1日(日)午後2時開演
神奈川県民ホール大ホール
首都オペラ25周年記念 公演
トマ作曲オペラ「ハムレット」全5幕 フランス語上演(日本語字幕付き)

指揮 岩村力
演出 佐藤美晴
照明 奥畑康夫

ハムレット 森口賢二/バリトン
オフィーリア 森朱美/ソプラノ
国王 矢田部一弘/バリトン
王女 相馬百合恵/メゾ
レアティーズ 大野光彦/テノール
マーセラス 根岸一郎/テノール
亡霊 岩本貴文/バス
他…
[PR]
by moriake | 2013-03-04 09:49 | 歌うこと

二期会サロンコンサート無事終了!

肝心な時に想定外のことが必ず起きるのです
こんな生活を10年も続けてるとちょっとやそっとじゃ動じなくなりましたが…

その昔二人目が6ヶ月の頃、本番当日朝39度の熱!予約していたベビールームは
37.5度で託児中止という規則…実家の母がすぐ電車に飛び乗っても2時間かかる
どうにもならず真っ赤な顔の子供をブランケットに包みベビールームに!
さっき電話で断られたばかりなのに「少し下がりました!!」とあからさまなウソをつき(笑)
「あと少しで母が到着しますからそれまでどうか!頼みます!」と泣きの演技
走って会場に滑り込み、がーっと衣装きて、ばっと舞台のライト浴びたら、くらーっ…
あれは「椿姫」だった… 3幕は空腹とめまいで迫真の演技でしたよ!!(笑)

この日も平日夜のコンサートだったので実家の母に子供達のことを頼んでおいたのですが
突如インフルエンザに倒れ、その後92歳の祖母にうつり大騒ぎ!
さて…この子たちをどうしようか…
家で留守番ならシッターさんを頼めばよいのですが、本番をどうしても聴きたい!と
毎日耳にしてる歌を聴けるのを楽しみにしてたみたい
なんとか希望に添えるように手をつくしました
下校時間がそれぞれ違ったり、早退させちゃおう!と思ったら5時間目の理科の実験
絶対出たい!とか…色々と面倒な歳になってきました(汗)
いつもいつもお世話になっているママ友のみなさん!本当にありがとう!
うちの子供たちはみなさんに育てて頂いているようなものです
私がこうして好きなことを続けていられるのは周りの方々のご理解とご協力のおかげです
本当に感謝!!!!!

そうそうコンサートのほうはですねえ…
想像以上にうまくいったようでほっとしました
フランス歌曲のジャンルのコンサートにしてはバラエティに富んだプログラムでしたので
入門編としては楽しんで頂けると思っていましたが、よく知っているお客様には
「節操がない!」と思われるかも…という不安がありました

第2部の頭でラヴェルの民謡集から「トリパトス」と「ヘブライ」の「カディッシュ」を歌った時点で
「この2曲続けてやらないでしょう!ふつう!」って言われそう(笑)
・・・でも鎌田さんがカッコよくドンキショットを決めてくれてセーフ!
でも次に私がサティからド真ん中の「エンパイヤの歌姫」「ジュトゥヴ」
あまりに有名なこの2曲ですが、すべるとかなり会場が寒くなります(笑)
・・・でも鎌田さんが品のあるプーランクを聴かせてくれてセーフ!
更に駄目押しでオッフェンバックの「ぺリコール」から「酔っ払いの歌」
これってアンコールピースでしょう?!
ノーマンもベルガンサもロットさんもシュトゥッツマンも最高の演技で魅了する
名場面で有名ですから・・・ 実力を試されるわけで・・・汗
ふてぶてしくニコニコMCをしてましたが心臓はバクバクでした
(注:私が泥酔するとああなる訳ではありません!あくまで緻密に計算された演技です(笑))

結局成功した訳は鎌田さんがうまくまとめてくれたということですかね・・・(笑)

ちなみに皆様からの気に入った曲ランキングのベスト3は・・・
1.酔っ払い (汗)
2.セヴラックの「私のお人形」・・・これはMCでポイント稼いじゃったかな
3.エンパイアの歌姫 ・・・網タイツの足みせたから???

心配してた方々からも以外にも良いお言葉を頂きほっとしました
そして嬉しかったです!

それぞれの作品の世界観を歌い分けることのむずかしさをあらためて感じましたが
曲間MCの間に、瞬間にスイッチを切り替える作業…なかなか楽しいものです
ガラスの仮面のマヤみたいなものです(笑)・・・これって古すぎ?


À bientôt.
[PR]
by moriake | 2013-02-05 10:11 | 歌うこと

冬の空の下 流れるフランスの調べ

みなさん!寒い毎日ですがお元気でお過ごしですか?

あの大雪の日はエキサイティングでしたね!
私はリハがあって横浜に行きましたが、帰りに品川駅で遭難するかと思いました
吹雪の中、来ないバスを待つこと45分…
諦めて凍傷寸前の足に鞭を打ち歩いて帰ることを決意!
いよいよ命尽きる寸前で空車タクシーの救済が!
危うくパトラッシュと天上界へ登って行くところでした・・・
一方留守番の子供たちは家の前で雪遊びを満喫!
瀕死で帰宅した私の前に水がしたたるスキーウエアとスノーブーツが散乱し
更に気を失うところでした(笑)

さて、いよいよ二期会サロンコンサートが来週に迫ってまいりました!

http://www.nikikai.net/concert/salon2012.html

共演はバリトンの鎌田直純さん!ピアニストの須江太郎さん!
お二人とも大先輩ですので同じステージに立てることは大変光栄なことです。
私たち3人はそれぞれ違う時期にパリで修業していました。
フランス音楽にフランスの芸術にフランスの街に魅せられた3人が集結します!
「おフランスの音楽ってちょっと気取ってない?!」っていうアレルギーの方も
多くいらっしゃると思われますが、是非是非一度触れてみてください。

今回はパリが文化的にもっとも華やかだった19世紀半ばからのベルエポック(良き時代)
に生きた作曲家達とその周辺の名曲をバンバンお届けします!
そもそもサロンコンサートの「サロン」って場所はパリの文化の中心だったのです。
上流階級のご夫人などがお気に入りの詩人や画家や音楽家を邸宅に招き
夜な夜な夜会を開いていました。
そこは…ショパンやリスト、ドビュッシーやラヴェル、マラルメやコクトーなどなどが
出入りし、今もなお残る傑作を生み出すための場所だったわけです。

今回1曲目に用意しているレイナルド・アーンさんはサロン文化の草分け的存在ではないかしら…
師匠サンサーンスに可愛がられ、才能あるイケメン作曲家青年だったそうです。
もちろんサロンの常連で自作の歌曲を弾き語りでマダムたちに聴かせ、うっとりさせていたという噂!
テノールの美声も持ち合わせていたそうです! あ~会いたかった~!
続いて…フランスの宮廷歌曲から雅な曲を、そして近代フランス歌曲の最高峰ガブリエル・フォーレの初期の名作から、そして知る人ぞ知るD.セヴラックの歌曲、ドビュッシーの歌曲へとつながります。
うお~うつくしい~! 自画自賛!(笑)

・・・でもネタばれでいいのかな。。

後半戦も更にワクワクするラインナップです!(ワクワクは私だけ…汗)

でもここまでにしておきましょう・・・

フランスの歌曲は私にとって宝物なんです。
でもやればやるほど作品の力に圧倒されてしまい
楽譜を前にして立ち竦むこともしばしば・・・
自分の才能の無さに打ちのめされっぱなしですが
上流階級の出でもない(笑)、頭も良くない私がこれほどまでに捕りつかれる
美しき官能的な世界を一瞬だけでも共に感じて頂けるよう演奏したいと思っています。

31日の夜は…東京のシャンゼリゼ通り?!表参道へ是非お運びくださいませ・・・

コンサートのフライヤーはFBのソプラノ森朱美ページのほうにもアップしてあります!

(まだ画像アップがうまくできない!・・・エキサイトユーザーさん誰か教えて!)

À bientôt.
[PR]
by moriake | 2013-01-24 10:52 | 歌うこと

お知らせ&お詫び

12月24日(祝)恵比寿アートカフェフレンズ
「森朱美ソプラノライヴVOL.4ハッピークリスマス!」は
お陰さまでSOLD OUTとなりました。
当日直接お越しくださる予定のお客様には大変申し訳ありません!
お店のほうの電話予約でもキャンセル待ちとなっているようです。
予期せぬことで大変ありがたいことではありますが…お越しいただけない皆様には
申し訳ない気持ちでいっぱいです。何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。
また、ご来場予定の皆様は会場が込み合う恐れがありますので、
お時間に余裕をもっていらしてくださいませ。
出演者一同、お目にかかれるのを心から楽しみにしております。


久々の更新です・・・
FBのほうにはボチボチアップしておりましたが、駆け抜けるように過ぎ去った1ヶ月でした。
まずはご報告。
長年お世話になっていたオペラサロンのラストステージ
大学院生からのさまざまな思い出が頭を巡り、最初の一曲は込み上げるものがあり
MCの言葉も出ませんでしたが、メゾの勝倉小百合さんとオッフェンバックの「ホフマン物語」
から舟歌を歌ってからはメランコリーな気持が吹き飛んで、いつもの調子が戻ってきました。
テノールの水船桂太郎さんも勝倉さんも思い出話を含めながらも決して湿っぽくならず、
前向きなとても清々しいステージでした。
第2ステージでは「カルメン」&「椿姫」のハイライト!
勝倉&森のキャラの濃いプリマに水船さんが付き合ってくれたという感じ・・・(笑)
でもそれだけではありません!もちろんいつもの18番も絶好調で聞かせてくれましたよ!
ハイC何回出したんだろう・・・ (注:ハイCとは高いドの音の更に上のドの音…凄い!)

明大マンドリンクラブコンサート
2005年ぶり2回目のゲスト出演でした
アメージンググレイスのアカペラから始まり、ヴィリアの歌、オーソレミオ、グリーンスリーブス、
「マイフェアレディ」から踊り明かそう!最後は清しこの夜・・・何でもありのプログラムでした。
マンドリンのフルオーケストラは素晴らしいサウンドです。
マンドリンの他に木管楽器、ギター、ベース、パーカッションも入ってます。
90年前の発足時は古賀政男メロディからスタートしましたが、
今ではラテン音楽からモーツァルトの序曲まで聴かせてくれます。
私としては久々のフルPA仕様の演奏で、なかなか調子がつかめず、ドキドキでした。
本番ではとてもよいバランスで調整してくださってお客様は皆さん楽しんでくれたようです。
残念だったのは、1200席満席のお客様の笑顔が照明の関係で私からは全く見えなかったこと・・・
プラネタリュームの中で歌った感じ・・・
歌謡ショーの照明ってあんな感じ?・・・怖かった・・・

さあ!24日は恵比寿です。
今回は会場の4分の1がお子様です!
ご家族お揃いのお客様が沢山お越しくださいます。
この世の中いくらでも楽しく過ごす場所があるのにこのコンサートを選択してくださるなんて!
涙が出るほど嬉しいです・・・
クリスマスというイヴェントが私は大好きです。
クリスマスイヴという24日…今まで毎年色々な形でお仕事をしてまいりましたが、
今回のように「クリスマス!」を前面に出したコンサートは初めてです。
いつもよりアットホームな雰囲気で、温まれるようなコンサートになれば・・・と思ってます。

長くなりました・・・
ではでは、みなさまお忙しいと存じますが、どうぞお元気にお過ごしくださいね。
年内にもう一度更新できるように、よいお年を!というのはやめておきます。

コンサート情報
1/31木 7時開演 表参道カワイサロンパウゼにて 
「二期会サロンコンサート168 冬の空の下 流れるフランスの調べ」 
共演:鎌田直純B 須江太郎pf

1/19(土) 4時開演 神奈川県民ホール・小ホールにて 
「首都オペラニューイヤーコンサート」

 
チケットお申し込みの方は・・・コメントしてください!(非公開で承ります)






[PR]
by moriake | 2012-12-21 09:31 | 歌うこと

オペラサロントナカイ

12月13日(木)!久しぶりにオペラサロントナカイのステージに立ちます!

私が大学院の2年生の時からお世話になっているお店ですから
かれこれ・・・ やめときましょう・・・

初めは30人くらいのお店でした
小さくても店内はマホガニーの家具、輸入物も煌びやかなシャンデリア、ボトルキープの棚は最高級ブランデーのボトル・・・それはそれは学生の私にとっては夢のような空間でした

友達の代役ではじめて出演した時
目の前に座っているオペラ通のお客様
・・・世界で沢山のオペラを観てるような有名企業のおじ様らしき面々の前で
震えながら歌いました

歌うことで精一杯だった私には
お客様の雰囲気に合わせた感じの良いMCをするなんて
恐ろしく大変なことでした
ドレスやお化粧についても色々とダメだしがあったり・・・汗

上手に歌うことは当たり前!
失敗は許されない・・・
更にお客様の前に立つ責任!
音楽を楽しんでもらうために、音楽に集中してもらうための努力を欠かさない!
というプロとしての心得えを教えてもらった(もらっている)お店です

先代のオーナーには本当にお世話になりました
沢山の本番の場を与えて下さった事以外にも
沢山のオペラ公演に連れて行っていただいたり
グラインドボーン音楽祭の夢のような3日間も私たちトナカイアーティストの宝物です

色々な節目で大切な経験となった「椿姫」のヴィオレッタ役も
オーナーの勧めで挑戦したのが最初でした

想い出話、失敗談は尽きませんが・・・

とにかく久しぶりにトナカイのステージに立てることをとても嬉しく思っています

共演者も素晴らしい!
テノールの水船桂太郎さん・・・
彼とは「椿姫」の相手役で初共演してから早10年以上のお付き合いです
ことある事に沢山共演してきました
今回は・・・どんなデュエットにしようか・・・お楽しみに!
メゾの勝倉小百合さん・・・
素晴らしいメゾでいらっしゃる小百合さんとはご一緒できるレパートリーが沢山あって
共演の度に悩んでしまいます・・・トナカイの叶姉妹再結成です!!

しばらくの間ビル改修工事の為に休業してしまいますので
その前に是非いらしてください!

ご予約の際はお店のサイトで詳細をご確認くださいね
http://www.opera.co.jp/menu.html#menu_38

お会いできるのを心から楽しみにしています!
恒例のお誕生日のお祝いもあります!






コンサートのお知らせ
12/13木 オペラサロントナカイ 出演 共演:水船桂太郎T 勝倉小百合M 芦沢真理pf
       久々の出演です!ご予約の詳細はオペラサロンのHp をご覧ください!

12/16日 3時半開演 明大マンドリン倶楽部コンサート ゲスト出演 
       栃木県小山市立文化センター大ホール お近くの方は是非是非!!! 

12/24祝月 1時半開演 恵比寿アートカフェフレンズにて 「クリスマスイヴライヴ」
       スペシャルベスト:高野二郎T 黒木直子pf 

1/31木 7時開演 表参道カワイサロンパウゼにて 「二期会サロンコンサート168 冬の空の下 流れるフランスの調べ」 共演:鎌田直純B 須江太郎pf

チケットお申し込みの方は・・・コメントしてください!(非公開で承ります)
[PR]
by moriake | 2012-11-12 09:19 | 歌うこと

木綿のハンカチーフ

このところ・・・
ドドドーッと立て込んでいる日常に身をまかせて
あわただしい日々が通り過ぎるのをひたすら待っていました

FBもゆっくり目を通す暇もなく・・・

でも そうそう! 
お友達の投稿で懐かしい昔の70年代の歌の話題で盛り上がっていた時がありましたねー

コメントに参加したかったのは山々でしたが叶わず
一人で思いを巡らせていましたら・・・

私が歌曲の楽譜と初めて本気で向き合った遠い日のことを思い出しました

幼い頃からいつも歌をうたってた私(注:家族の前のみ)

コヤナギルミコ、モリマサコ、サクラダジュンコ・・・
と錚々たるラインナップをレパートリーとしてきた私に
ある時母がオオタヒロミの歌が綴られた楽譜を渡しました

オオタヒロミを知ってる人ってもう少ないんだろうな~(汗)

「雨だれ」「木綿のハンカチーフ」・・・
もちろんTVで予習済みの楽曲!

可憐な声と初々しく甘い歌詞は
まだ若かった私にぴったりフィット!・・・当時7歳!(笑)

すぐさまピアノに向かいヒロミ様と同じように弾き語りました

でも歌った感じよりはるかに難しいリズムの譜面!

理解できないシンコペーションの連続!

伴奏を弾くと歌がヨレヨレになる!

楽譜を音楽にするのは難しい・・・ほんとにそう思いました

悔し涙を浮かべながら必死にさらった思い出なんて・・・

そんなに無いのにね

そんなこんなで・・・
今になっても同じようなことやってる自分がいます

懲りない!

結局「木綿のハンカチーフ」を本番にかけたことはまだないはず!
というか・・・これから先も・・・

その後は・・・もう一人のヒロミ様の「ロマンス」が私のオハコに!

これも若い人は知らないのかな~(汗)
[PR]
by moriake | 2012-09-13 01:06 | 歌うこと

森朱美コンサート情報!

FACE BOOKページでも情報を公開しております!
ソプラノ森朱美Akemi Mori Sopranoで検索ください!

画像一覧

最新の記事

BONNE ANNE!!! ..
at 2017-01-01 20:21
9月24日コンサート♫
at 2016-09-23 01:36
◆秋のコンサートのご案内◆
at 2016-08-31 11:23
月サバありがとう!
at 2016-05-11 22:36
月サバ!?
at 2016-05-07 09:42

検索

タグ

ブログジャンル

音楽
アーティスト