La vie en rose ・・・ 歌うこと・生きること・楽しむこと


ソプラノ歌手の森朱美。13歳と10歳の2児の母でもあります。人生最後の日に「La vie en rose!」といえるようになれたら・・・と日々奮闘中!
by moriake
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:歌うこと( 44 )

木綿のハンカチーフ

このところ・・・
ドドドーッと立て込んでいる日常に身をまかせて
あわただしい日々が通り過ぎるのをひたすら待っていました

FBもゆっくり目を通す暇もなく・・・

でも そうそう! 
お友達の投稿で懐かしい昔の70年代の歌の話題で盛り上がっていた時がありましたねー

コメントに参加したかったのは山々でしたが叶わず
一人で思いを巡らせていましたら・・・

私が歌曲の楽譜と初めて本気で向き合った遠い日のことを思い出しました

幼い頃からいつも歌をうたってた私(注:家族の前のみ)

コヤナギルミコ、モリマサコ、サクラダジュンコ・・・
と錚々たるラインナップをレパートリーとしてきた私に
ある時母がオオタヒロミの歌が綴られた楽譜を渡しました

オオタヒロミを知ってる人ってもう少ないんだろうな~(汗)

「雨だれ」「木綿のハンカチーフ」・・・
もちろんTVで予習済みの楽曲!

可憐な声と初々しく甘い歌詞は
まだ若かった私にぴったりフィット!・・・当時7歳!(笑)

すぐさまピアノに向かいヒロミ様と同じように弾き語りました

でも歌った感じよりはるかに難しいリズムの譜面!

理解できないシンコペーションの連続!

伴奏を弾くと歌がヨレヨレになる!

楽譜を音楽にするのは難しい・・・ほんとにそう思いました

悔し涙を浮かべながら必死にさらった思い出なんて・・・

そんなに無いのにね

そんなこんなで・・・
今になっても同じようなことやってる自分がいます

懲りない!

結局「木綿のハンカチーフ」を本番にかけたことはまだないはず!
というか・・・これから先も・・・

その後は・・・もう一人のヒロミ様の「ロマンス」が私のオハコに!

これも若い人は知らないのかな~(汗)
[PR]
by moriake | 2012-09-13 01:06 | 歌うこと

C'est l'extase langoureuse・・・

我が師匠のお宅での恒例の「歌会」がありました

普段はなかなか会えない弟子たちが集まりフランス歌曲を中心に歌いあいそして宴会へ・・・

師匠は80歳を過ぎてレッスン室を大幅リニューアル!
なんと20畳近いスーパーレッスン室を作ってしまいました!
その理由は・・・毎日大好きなフランス歌曲を歌う部屋を快適にしたかった・・・と!
師匠は本当にお元気で 大好きなフォーレなどを毎日お歌いになって
幸せな時間をお過ごしになっていらっしゃいます

我々弟子たちは何だかんだと理由をつけレッスンをさぼり
本番直前に駆け込み寺ごとく泣きつく・・・
またはいろんなジャンルに手を出し(私です…)
ちっともレパートリーは増えず・・・

私はドビュッシーの歌曲集「忘れられし小唄」を全曲歌いました
土曜の本番が気がかりで準備ができず とりあえずすぐ歌えるもの・・・
という不真面目な理由でしたが・・・なんと!
本日はドビュッシーのお誕生日!さらに今年は生誕150年のメモリアルイヤー!
まさかの好印象となりましたー!(ラッキー!)

ヴェルレーヌ&ドビュッシーの傑作であるこの歌曲集はわたしのもっとも好きな曲の1つです
出会いは芸大3年生に遡り
オマセな私はこんな官能的な詩を恥ずかしげもなく健全に歌ってのけました
それから事あるごとにずーっと大切に歌いつづけて・・・
やっとヴェルレーヌの詩の美しき愛欲の世界をリアルに感じることができる歳になりました
うわっ文字にすると刺激的・・・ほんのちょっとですよ!ちょっとね!

まあ私の話はどうでもよくて・・・

今日は最後に師匠が自ら演奏するというサプライズがありました!
フルでお歌いになるお姿はもう何年も見ていませんでしたので 涙がでるほど嬉しかったです

おフランス好きの方には説明不要ですが・・・
私が今日歌ったヴェルレーヌの詩には 巨匠フォーレも作曲しており
こちらも《フォーレベスト10》に入るほどの名作です
で、ドビュッシーのとフォーレのとどっちが好き?って聞かれたら皆さん本当に悩んじゃうでしょうね。

ただ今日の私の1曲目 C'est l'extase langoureuse・・・(それはやるせなき恍惚・・・)だけは
ドビュッシーじゃないといやだ!と思っていました。

ところが!今日師匠がアンコールに歌ってくださったフォーレ作のほうを聞いて・・・
フォーレの中のエロスを垣間見てしまいました!

師匠は「イヴの歌(フォーレ作)」が十八番だった方・・・80歳を過ぎても聖女のようなお方です
お声もとても上品で音楽作りも端正な方・・・そこから溢れる官能美・・・
そのギャップになんとも言えない色っぽさがあるのです

私が80歳になって師匠のような歌を歌えるようになるのか・・・

日々修行・・・ 

歌も人生も・・・

最後まで読んでくださりありがとうございました・・・

A bientôt!
[PR]
by moriake | 2012-08-23 00:53 | 歌うこと

ラシドの歌??

アナログ人間の私がfacebookを初めて半年
やっとここまで来たか!と感動しつつ・・・
ブログに投稿するのはすごく躊躇してしまうのはなぜ?
しょうもないつぶやきを書いては消し、書いては消し・・・

・・・で 開き直って
またまたサウンドオブミュージック関連の話題で恐縮なんですが

クラシック歌手でもミュージカルのナンバーを歌うことがよくあるのですが
オリジナルキーだと低すぎちゃって歌えない場合が多い!
「好きに移調してね~」って言われちゃいますが
わたしはいつもこれに悩まされちゃうのです

ソプラノ的には上げれば楽・・・でもオリジナルのようなパンチがなくなる・・・
朝のうちは低くてOK・・・でも夕方はちょい高めが楽・・・
前に歌う曲によっても変わるし・・・ ♭系には♭の心地よい響きがあるし・・・

それで今週末にあるコンサートで歌う5曲も様々に移調したのですが
どうしても移調したくなかった曲がありました。

「ドレミの歌」

でも娘が発見!ママ!音がちがうよ!

ジュリーアンドリュースは・・・

「ラシドの歌」でした

くーっ!だったらチョイ上げしとけばよかった・・・
[PR]
by moriake | 2012-08-20 23:13 | 歌うこと

サウンド・オブ・ミュージック

大好きな映画でした
もう何度も何度も見たはず…

今度コンサートで数曲歌うことになっていて モチベーションを上げようと久しぶりに全編見ましたら… 

いちいち号泣!曲ごとに号泣!

息子が無言でティッシュを運び続けましたが 最後は呆れてどこかへ行ってしまいました

歳のせいで…この頃涙もろくなりました…

娘はマリアとトラップ大佐とのラブリーなシーンに釘付けです

心が温かくなるような上品な接吻…母としても好感がもてます(笑)!


さすがに山の中を走り回る体力はなくなっておりますが 

The hills are alive with the sound of music…

と歌いながら 両手を広げて風を感じた~い!

気分はマリアのmoriakeより

 
[PR]
by moriake | 2012-08-18 12:22 | 歌うこと

森朱美コンサート情報!

FACE BOOKページでも情報を公開しております!
ソプラノ森朱美Akemi Mori Sopranoで検索ください!

画像一覧

最新の記事

歌とワインのマリアージュ
at 2017-11-14 22:14
BONNE ANNE!!! ..
at 2017-01-01 20:21
9月24日コンサート♫
at 2016-09-23 01:36
◆秋のコンサートのご案内◆
at 2016-08-31 11:23
月サバありがとう!
at 2016-05-11 22:36

検索

タグ

ブログジャンル

音楽
アーティスト